サクサクタルトとカスタードクリームが絶妙なイチゴタルト

スポンサーリンク

イチゴタルトケーキのレシピ

冷凍のパイ生地で時短も良いけど、せっかくなのでサクサクのタルト生地を作ってみたい!と思い作ったら想像よりも簡単に出来ました。手作りの方が安く済むし美味しいのでお勧めです。
タルト生地の作り方さえ覚えてしまえば、タルトケーキにキッシュ(生地に砂糖をいれない)と幅広い料理が作れるようになります。

【タルト生地】16cm丸形 オーブン190℃30分
バター 50g
砂糖 15g
塩 ひとつまみ
卵黄 1/2個
薄力粉 70g

タルト生地材料

【作り方】*薄力粉はふるい、バターは常温に戻しておく。

①ボールに柔らかくなったバターを入れホイッパーでクリーム状になるまで混ぜ、グラニュー糖と塩を加え、白っぽくなったら卵黄を加える。

作り方1


②ふるった薄力粉を加え、ゴムベラでさくっと混ぜ、ひとまとまりになったら手でこねる。
(こねすぎないようにする)

 

手で混ぜる

③ラップに包んで冷蔵庫で30分以上寝かせる。

寝かせる

④生地を綿棒で伸ばし型へ敷く。(冷蔵庫から
出した直後は固いのでラップの上から手の甲で押してなじませてから伸ばすと良い)

伸ばす

④生地全体にフォークで穴をあけ、剥がれないように型のふちに生地をしっかりと押し込む。

生地穴あけ

 ④180℃に余熱したオーブンで20分焼く(焦げる場合は中央にオーブンシートを被せる)
 
【カスタードクリーム】
 卵黄2個
 グラニュー糖55g
 薄力粉30g
 牛乳200ml(レンジ600w1分)

【カスタードクリーム・手順】
①卵黄と砂糖をボールに入れて泡だて器で混ぜ、薄力粉を加える。粉っぽさがなくなるまで
 混ぜたら、レンジで温めた牛乳を加えよく混ぜる。
②こしながら鍋に入れて弱火~中火で木べらで混ぜ続ける。とろみがついてきたら火からおろして
 お皿に移してラップをし、冷蔵庫で冷やす。(とろみがついてからはすぐに固まるので注意!)

【組み立て・手順】
①冷えたタルト生地にカスタードクリームを入れて、洗ってヘタを取ったイチゴを外側から
 並べる。
②外側から2列目はいちごを半分に切った状態で並べていく。
③ナパージュ(水にゼラチンと砂糖を加え、レンジで30秒でよく混ぜたもの)をはけでイチゴに
 塗っていき全体が艶々してきたら完成。

【飾り】
 いちご1p/c
(ミント・粉糖などあると尚良い)

【ナパージュ】
 ゼラチン5g
 水60cc 
 砂糖20g お好みでラム酒を加えて

イチゴタルトケーキ

 

*完成写真だとわかりずらいのですが、ナパージュを使うと果物がキラキラ輝きます。また、乾燥を防ぐ役割も担っているので是非仕上げに使ってみてください。

タルト断面図

 タルト生地さえ作れるようになれば、りんごをじっくり煮詰めて作るタルトタタンや、フルーツタルト、キッシュ(砂糖を入れない)など幅広く作れるようになるので、お勧めです。


【タルト生地を使ったレシピ】

バナナタタン風バナナタルト
りんごを使うタルトタタンはお馴染みですが、今回はバナナを使ったタタン風タルトを作ります。タルト生地さえ作ってしまえば、型にキャラメルとバナナをセットするだけの簡単で材料費も抑えられます。 安い×簡単×美味しいの最強の組み合わせのバナナタルトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました