ふわふわジューシー肉まんの作り方 フライパンで蒸し焼きするので蒸し器いらずで簡単

スポンサーリンク

ジューシー肉まんのレシピ

 【材料】(10個)
(生地)
薄力粉 100g
強力粉 100g
ベーキングパウダー 10g
砂糖 大さじ2
塩 2g
水 100ml

(肉あん)
豚ひき肉(合いびきでも)200g
生姜・にんにく 少々
玉ねぎ1/2個
ごま油 10g
鶏ガラスープの素 10g
塩・胡椒 少々
片栗粉 30g
エリンギ 1/2本

肉まん材料①②肉あんと生地

【手順】
①ボウルに薄力粉と強力粉、ベーキングパウダー、調味料をすべて混ぜて水を加え菜箸で混ぜる。
ひとまとまりになったら手で生地をよく捏ねる。
10分くらい休ませる。その間に中に入れる肉あん作り。
②長ネギとエリンギはみじん切りにし、ボウルに材料を全て入れて混ぜ合わせる。

③休ませていた生地を細長く伸ばし包丁で
10カットする。
(くっつくので薄力粉で打ち粉する)

生地かっと

④カットした生地を一つずつ丸めていく。

⑤伸ばし棒で薄く丸く伸ばしていく。

⑥手のひらに伸ばした生地をのせて肉あんを1/10
量のせる。

あん包み

⑦親指で生地の1か所をつまみ中心に引っ張り、
そこに向けて周りの生地もつまんで
一周しながら包んでいく。

包むポイント

⑧フライパンにごま油を敷いて、肉まんを置いていく(間隔をあけて)

⑨水180ccを加え、蓋をして中火で3分、弱火で5分加熱する。

⑩水分が飛んでなくなってきたら蓋をあけて
ごま油を周りにたらして底をカリカリにする。

肉まんを焼く

⑪器に盛って完成!

肉まん完成

 

肉まん裏側


肉まんの歴史

コンビニの定番といっても良いくらい肉まんは今ではどこでも購入でき、多くの人から愛されていますが、丸々した肉まんはどうしてこんな形になったのでしょうか?

それは肉まんの起源に関係していました。「三国志」に詳しい方は知っているかもしれません。

肉まんは中国で最初に作られた「包子(パオズ)」(=小麦粉の生地で中に具を包んで蒸したもの)を元に日本人向けに作られたようです。

三国時代に諸葛孔明が川を渡ろうとしたところ、悪天候で川が氾濫し渡れずにいました。住民の話ですと「この川には荒神が存在し、氾濫を鎮めるには人間の首を49個ささげなければならない」ということです。
孔明が「合戦で多くの人々を失った。これ以上殺すことはできない」と言い、料理人を呼んで小麦粉を捏ねて中に肉をつめ、丸めたものを人の頭の形にして、水に投げ込んで神に捧げて祈りました。
そうすると氾濫はおさまり、無事に川を渡ることが出来た、と三国志演義には記されています。
最初は川に投げ入れていたそうですが、もったいないという事で後に備えてから食べるようになりました。

三国時代の話ですので実際のところの真偽は不確かではありますが、肉まんの起源が「神様の生贄となる人間の代わりに肉まんを作った」とは驚きました。
でもそのおかげで多くの命が助かった上に美味しい肉まんが現代で食べられるようになったと思うと発案者の孔明には感謝ですね。

 

「今夜のおかずどうしよう?」

鰤の和風カルパッチョと照り焼きと漬けまるご丼レシピ 人気の海鮮丼はまぐろ丼ではなくて意外なものだった!?
鰤の切り身を使って一緒に和風カルパッチョと照り焼きを作ります。切ってタレをかけるだけ、焼いてタレを絡めるだけの簡単レシピ。ご飯がすすむ和風ベース。また、失敗しないタレにつけこむだけのマグロ丼の紹介。刺身用の魚の切り身があればどんな魚でもアレンジ可能です。また、人気の海鮮丼をテイクアウト専門店「丼丸」から分析。
鶏むね肉で作る ヘルシー唐揚げ
鶏むね肉を使ったから揚げレシピを紹介します。から揚げなのにヘルシー!料理が美味しくなる力をもつ麹も一緒に使うことで酵素たっぷりの健康的なおかずに。健康に良いと言われている麹についてどんな働きがあるのかについても説明します。
メバルの煮付け 黄金比
簡単に作れる魚の煮つけのレシピを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました